こころのおまもり。

最近読んだ本。

浜文子さんの『お母さんとよばれるあなたへ』。すてきでした。

パラパラーっと一気に読めてしまう薄い本なのだけれど、とても奥が深いのです。

以前友達からのお勧めで読んだ、同じく浜さん著の『祝!育児』もやっぱりすてきで、日々子どもとの生活でどうしても沸いてでてきてしまう、ドロドロとした感情がすーっと解けていくような、すとんとしたきもちよさを感じたものでした。

そして、この『お母さんとよばれるあなたへ』。

浜さんの子どもとの生活から生まれた詩のあとに、それにまつわるエッセイが書かれているのがこの本の形式です。とにかく詩がいいのです。わたしは、もともと詩そのものがすきなので、それでかもしれませんが。詩ってある意味抽象的なので、読み手側それぞれの日々の、忘れそうになる大切なことに気づかせてくれるような気がします。ことばが自然にこころに届くといいましょうか。

子どもとの生活で、少し疲れたとき、イライラしてしまったとき、どうしようもなく不安になってしうとき、ちょっと立ち止まってほっとできるような、そんな本がいくつかあると、本当に心強い。

ちょっと切なさに似たやさしい気持ちになれる本でした。

どれもこれもすてきな詩なのですが、「赤ちゃん」と「私を母に」、「抱きなさい 子を」は本当に切なくなります。子どもたちと接する最近のわたし・・・毎日のアレコレに追われて、いつも怒ってばかり。こどもたちへ、ごめんね、そして、ありがとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)