« にちようび。 | トップページ | このごろのお気に入り。 »

夏よるのお楽しみ。

今年初めての花火。
昼間、待ちきれずダダをこねる子どもたち。「はなびしたい!」と。
夫が仕方なく
「じゃあ、ひるの花火がどんなにつまらんか、おしえてあげる」と
一本だけ庭で花火。モクモクすごい白い煙。はっきりしない花火色。
そのあとはもうダダもこねず、おとなしくなった子供たちでした。

夕方、夕立。
空気も風も少しだけ涼しくなった。

夕ごはんのあと、涼しい風の中、花火。
雨上がりで空気が湿っていて、花火の色が少しにじんでとってもきれい。

「すごいきれいだねー」
「はなびってすきだなー」
「はなびってたのしいねー」
しきりに子供たちが言っていた。
確かにこの雰囲気、すてき。
よるの空気のなかで、花火のひかりにぼんやりとやわらかく照らされる夫の横顔とか、
子どもたちのうれしそうな笑顔がまぶしいな。
あの花火のいいにおいの中で、
よると花火とわたしたちだけが浮かび上がるから、心の中につよく焼きつくんだろうな。
その他もろもろ、日常のこまごまを少しどこかに置いておいて。

部屋に入ってきてから子どもたちが手のひらをくんくん嗅いで
「はなびのにおいがするー」
「なつかしい におい、なんだよー」
この頃ベッドの中でよく読んでいる「いいにおい」という絵本のなかに
でてくるフレーズです。
わたしもこのにおい、子どものころからだいすき。

|

« にちようび。 | トップページ | このごろのお気に入り。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143966/41830164

この記事へのトラックバック一覧です: 夏よるのお楽しみ。:

« にちようび。 | トップページ | このごろのお気に入り。 »