« いちごジャム | トップページ | 梅とわたし »

くろねこぴっちへの手紙

たいせつな、わたしのくろねこ。
ぴっち。

最近すっかりおばあちゃんなお年頃になってしまった、
わたしのぴっちは、いま動物病院のちいさなゲージのなか。

二、三日前から
げんきがなく
ごはんも食べない。

ぴっちは、入院。
点滴を打ってもらうんだそう。

どうしてるかなあ
だいじょうぶかなあ

あの子とはなれて暮らすようになって、もうすぐ五年・・・
あの子は、わたしの実家でくらしてる。

猫好きではなかったわたしだけれど、ぴっちのことは特別。
20歳のとき、まだちいさな子猫だったぴっち
「もらってください」の貼紙と しっぽの曲がったちいさな子ねこ。
ひとりで暮らすアパートの部屋へ連れて帰った。
絵本の「こねこのぴっち」から名前をもらって「ぴっち」と呼んだ。

かわいくてかわいくてしかたがなかったな
わたしのそばで のどを「ごろごろ」鳴らす ぴっち
ふしぎな存在だったな
友達のような妹のような

それから あの おなか
ごろーんとねっころがった時の無防備さ
そしてやっぱり のどを「ごろごろ」鳴らして、(なでてくれー)と催促する

あの頃のわたしが、どうしようもなく悲しくて泣いてたとき
やっぱりそばで「ごろごろごろごろ・・・・」(ここにいるからねー)と。

みじかく「にゃ」と鳴いた。
「ぴっちぃー」と呼ぶと、「にゃ」と。

久々に、ぴっちのことをいろいろ思い出している。
子どもたちとの生活のなかでわたしは毎日必死で、
あなたのこと、思い出す余裕がなかった。
ぴっちゃん!あなたに何度救われたことか!!!
あいたい、あいたい、あいたい、あいたい、あいたい、あいたい・・・・・・
それから、ごめんね。
わたしは、ばかだなあ。そして何も分かってないなあ。

ぴっちゃんは、わたしのこと、どう思っているんだろうか。

はやくよくなってくれますように。

今までのこと、ゆるしてくださいね。
会いに行くからね。まっててくれる?

|

« いちごジャム | トップページ | 梅とわたし »

きらきらのつぶ【かぞく】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143966/41477384

この記事へのトラックバック一覧です: くろねこぴっちへの手紙:

« いちごジャム | トップページ | 梅とわたし »