« 2007年8月 | トップページ | 2008年6月 »

きれいな石。

最近、きれいなもの、すきとおったものに心惹かれます。そんなもののひとつにきれいな石があります。

日々の、妊娠と育児の疲れでしょうか。やさしいお母さんでいたいのに、怒りたくないのに、いつもガミガミイライラ・・・

ココロがドロドロ、もやもやしているからでしょうか、きれいですきとおった、つるつるしたその質感に惹かれてしまいます。きれいなものに触れていると、ココロまできれいになりそうな・・・・そんなふしぎな石。

いろんな石があります。赤いの、すきとおった青緑のもの、桃色のもの、薄緑のもの、琥珀色のもの・・・・いろを並べあげるだけでもすてきだなあ。

ビーズ状のきれいな石のつぶをつなげてブレスレットにしてみたり、ただ眺めるだけであったり、触ってみたり・・・。

パワーストーンともいって、それぞれの石にはそれぞれのパワーみたいなのが宿っているらしいです。でもそういう難しいこと抜きにして、単純に美しいから身近にあるだけでうれしくなってしまいます。

それから!石って本当にすごい!!!すごく長い年月をかけて形成されたり、何万年も前のものだったり。当たり前だけど自然そのもの。どんなに小さなつぶでも、かけらでも、そこにはとてつもなく大きな自然の神秘が隠れている。

すてきだなあ。ロマンチックだなあ。

きれいな海や季節の山や森へと出かけていくのも、何にもかえがたいくらいすてきでロマンティックだけれど、石のようなこういう小さな自然が身近にあると(机の上とか、玄関などに)、身近にココロ和むし、ほっと瞬間的に癒されてしまう。落ち着くといいましょうか。

そして今ほしいものは鉱物辞典!です!

Dsc00410

Dsc00409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こころのおまもり。

最近読んだ本。

浜文子さんの『お母さんとよばれるあなたへ』。すてきでした。

パラパラーっと一気に読めてしまう薄い本なのだけれど、とても奥が深いのです。

以前友達からのお勧めで読んだ、同じく浜さん著の『祝!育児』もやっぱりすてきで、日々子どもとの生活でどうしても沸いてでてきてしまう、ドロドロとした感情がすーっと解けていくような、すとんとしたきもちよさを感じたものでした。

そして、この『お母さんとよばれるあなたへ』。

浜さんの子どもとの生活から生まれた詩のあとに、それにまつわるエッセイが書かれているのがこの本の形式です。とにかく詩がいいのです。わたしは、もともと詩そのものがすきなので、それでかもしれませんが。詩ってある意味抽象的なので、読み手側それぞれの日々の、忘れそうになる大切なことに気づかせてくれるような気がします。ことばが自然にこころに届くといいましょうか。

子どもとの生活で、少し疲れたとき、イライラしてしまったとき、どうしようもなく不安になってしうとき、ちょっと立ち止まってほっとできるような、そんな本がいくつかあると、本当に心強い。

ちょっと切なさに似たやさしい気持ちになれる本でした。

どれもこれもすてきな詩なのですが、「赤ちゃん」と「私を母に」、「抱きなさい 子を」は本当に切なくなります。子どもたちと接する最近のわたし・・・毎日のアレコレに追われて、いつも怒ってばかり。こどもたちへ、ごめんね、そして、ありがとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2008年6月 »