« 春風さん、こんにちは。 | トップページ | 畑がほしい。 »

マクロビオティックって何ぞや?

最近「マクロビオティック」という言葉をよく耳にします。

玄米生活を始めて、2週間ちょっとたちました。感想は、気持ちいい!おいしい!です。

マクロビオティックにも興味が出てきて、最近買った本が『ORGANIC BASE(オーガニックベース)―マクロビオティックと暮らす―/奥津典子 著』です。

かなりおもしろくて、いっきに読んでしまいました。

マクロビオティックって堅苦しくてわかりにくい、難しいという印象が消えました。今まで読んだところでの感想は、「なんか楽しそう~!!!」です。わたしは、もう「まえがき」を読んだだけでなんだか感動してしまいました。

マクロビオティックを「玄米菜食」とか「動物性のものを避ける食事」とか単なる食事制限ぐらいにしかとらえていなかったのだけど、実に奥が深いこと。

「たべもの」によって、人は変わる。身体的にも精神的にも。そうしているうちに生活も変わってくる。マクロビオティックは「食」だけにとどまってなくって、「生き方」のように思いました。

それから、マクロビオティックにおいて「たべもの」の範囲は、とっても広くておもしろい。

ただ単に「口に入れるもの」だけが食べ物ではなくて、それを料理する過程や心の状態、雰囲気、料理方法もすべて「たべもの」だと。それから極端なはなし、環境も聴く音楽も聴いたり見たり感じたりするもの全て、いってみれば自分の中に取り入れるものは全て「たべもの」。

食べ物の素材も、できるだけ有機栽培であったり、化学的な処理をされていないものを利用する、とあってなかなか完ぺきに実行するのは難しいのだけれど。これも心にとどめておきたいことだなあ。有機栽培のものとそうでないものとでは、その栄養価も4対1ほどに違いがあるのだそう。これにはビックリ!

「陰」とか「陽」とか、確かに分かりにくいけれど、料理するときや食べ物について考えるとき、マクロビオティックの考え方は、とっても「愛」に満ちててすてきだな~と思います。

もっと、マクロビオティックについて知りたくなった。

次は久司道夫さんの本を読んでみたくなりました。

|

« 春風さん、こんにちは。 | トップページ | 畑がほしい。 »

手帖【くらし】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143966/9207314

この記事へのトラックバック一覧です: マクロビオティックって何ぞや?:

« 春風さん、こんにちは。 | トップページ | 畑がほしい。 »