« きらきらのつぶ、コレクター。 | トップページ | 子どものじかん。 »

ちくちくと、 秋の夜長。

わたしの手帳。婦人の友社の主婦日記を愛用しています。

日々の予定や日記、雑誌記事の切り抜きや、いろんなリストや食べたものなんかまで、いろいろ記録しています。ちゃんと書いて、頭の中を整理しないと息苦しくなってしまうのです。

でもちょっと表紙が味気ないので、ブックカバーを作ってみました。もう10月。いまさらという感じがしないでもないのですが。フェルトでアップリケをつくって、刺繍もしてみました。ひと言で言うと「へなちょこ」な仕上がり。もう少し手を加えるつもりです。

しかし、「へなちょこ」はいいです。見ているとこっちまで、へな~と、ゆるーくなってきます。あまり出来はよくないけれど、ま、それも愛嬌でしょう?

それから、なぜだかいつも「おうち」のモチーフになってしまいます。かわいいおうちになるようにと、ちくちく針を動かします。見えないけれど おうちの中にはかわいい住人たちが住んでいて、かわいい生活を営んでいます。

秋の夜、手仕事っていいですね。

書くことと同じように、針仕事をしていると、なんだかココロが落ち着いてきます。子どもたちが寝静まって 静かな夜のまん中で、ただただ針を動かすだけ。わたしもやっぱり、小さなおうちの中で。

051014_0130001

|

« きらきらのつぶ、コレクター。 | トップページ | 子どものじかん。 »

手帖【おうち】」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143966/6390307

この記事へのトラックバック一覧です: ちくちくと、 秋の夜長。:

« きらきらのつぶ、コレクター。 | トップページ | 子どものじかん。 »